思い出せない病気

アルツハイマーという病気について

認知症の中でアルツハイマーが最も一般的な病気となります。アルツハイマーの初期は正しい行動が出来なくなったり物忘れをするようになります。判断力が低下してきます。病気が進んでくると記憶障害や家族の認知ができなくなってきます。 本人はアルツハイマーであると自覚はできないので家族など周りにいる人がおかしいなとなるのです。 この病気の原因は、はっきりとは解明されていないというのが現状です。加齢によるものや遺伝が関係しているのではないかと研究が進められているのです。 アルツハイマーは高齢者だけではなく、最近は若年者にも多くなってきています。 物忘れがひどくなったり、記憶や行動について不安がある時は、早めに病院に行き診断してもらうことが大切なのです。

予防法と治療法について

アルツハイマーの治療で病気そのものを完治するということはまだ確立されていないのですが、進行を遅らせたりする治療がすすめられています。 アメリカではいくつかの治療薬を認証しています。これらの薬を用いることで脳の伝達物質を制御する働きをします。アルツハイマーそのものを治療するのではないのです。 アルツハイマーの治療薬に関しては、まだまだ研究段階であるのです。 早期に治療をすれば進行を遅らせることができます。そのための予防法についても研究がすすめられいくつか有効であると認識されました。 それは3日前の日記を書く、献立を考えいくつかの食事を同時進行で作るなどを実践することで効果的に進行を防ぐことが分かってきたのです。 また、最近ではココナッツオイルの中鎖脂肪酸がアルツハイマーに効くという報告もされたのです。

TOP
Copyright © 2015 耳鳴りと深く関わる難聴【難と感じない難聴の改善を目指そう】 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com